読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

投資やら難やら 2nd

日々の生活・投資・育児に奮闘するパパブログ。

スポンサーリンク

我慢の限界で、楽天モバイルでついに機種変更をしてしまった!!とその失敗談!!その2

f:id:toshinan:20170306141706j:plain

楽天モバイル

すでに楽天モバイルユーザーの場合、機種変更は、端末の買い増し購入で可能になります。

 端末の購入は、メンバーズステーションという楽天モバイル会員ページから可能です。

現在の契約はそのままに端末だけを購入することができます。

購入後、端末が届いたらSIMカードを差し替えAPN設定をします。

説明書を見ながらできます。

andoroidは、Googleアカウントがあるので、連絡帳やGmailなどは自分のアカウントにログインすれば同期できます。

旧端末で利用していたアプリは、Play ストアのマイアプリ&ゲームのすべての項目から過去に利用してきたアプリがリストアップされているので、その一覧から選んでインストールできます。

Lineなどのアプリや電子マネーの移行は、各々の方法がありますが、割と簡単にできます。

各アプリに機種変更に関するメニューなどがあるので、それに沿って行えばすんなりできます。

旧端末で移行の手続きをしておいて、新端末でログイン等すれば完了です。

まぁスマホになってからは、キャリアでも機種変更は自分でやることが多くなりましたよね。

キャリアでも端末をオンラインショップで購入できますよね。

その場合、事務手数料がかからず、少し安く機種変更ができるというメリットがありますが、APN設定から自分でやらないといけません。

結局、キャリアでも格安SIMでも機種変更でやることは同じです!

 

SIMカードの変更

私の今回の機種変更の場合、SIMカードの変更が必要でした。

microSIMからnanoSIMへの変更が必要でした。

大きいサイズのSIMから小さいSIMへの変更です。

逆に、小さいSIMから大きいSIMへの変更の場合、アダプターを使えば小さいSIMをアダプターにはめて利用できます。

アダプターは、Amazon等で購入できます。

100円以下というびっくり価格で購入できたりします!

大きいものを小さくしたい場合、SIMカッターというもので、自力で小さくカットすることもできるようです!

 ですが、コツがいるようで慣れていないと失敗する可能性もあり、失敗したら使えなくなってしまうので、ちょっとリスキーですね・・・。

結局、私は手数料3000円をかけて楽天モバイルで交換しました。

これもサイト上で手続きできますが、手続き後新しいSIMが届くまで、現在のSIMは利用できなくなってしまいます。

つまり、携帯が使えない時間が数日できてしまうことになります。

これはちょっと不便ですよね。

これを避けるためには、実店舗での手続きで可能です。

しかし、SIMカードの変更手続きが即日できる店舗は限られています。

楽天モバイルオフィシャルショップで等で可能になります。

こちらで、可能店舗が確認できます↓

楽天モバイル:SIMサイズ変更

とキャリアと違って、店舗数が圧倒的に少ないのが難点ですね。

 

ということで、最寄りのSIMカード変更可能店舗で機種変更をすることにしました!

 

とまた長くなってしまったので、次回に続きを書こうと思います。