読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

投資やら難やら 2nd

日々の生活・投資・育児に奮闘するパパブログ。

スポンサーリンク

月の残業時間100時間を超えると懲戒処分に・・・。新ルールの弊害・・・。

雑記 雑記-ブログ

f:id:toshinan:20160830125904j:plain

ブログ

長らくブログをさぼってしまいました・・・。

 先週は忙しく、例のごとく帰宅できたのは1日だけ・・・。

会社に宿泊の日々でした・・・。

先週の1日の残業時間は平均して7時間あまり。

今月でいうと、すでに残業時間は50時間オーバー。

まぁ年末ですし、仕方ないんですが・・・。

 

残業と給料

電通で不幸な事件があり、残業時間の問題が大きく取り上げられるようになりました。

この問題は広告業界全体に波及しており、私の会社も新たなルールが決まりました。

簡単に言うと、月の残業時間が100時間を超えてはいけないというものです。

これを超えた社員がいると、役員連中が懲戒処分を受けるというものです。

ですので、役員は社員が残業時間100時間にいかないように社員のスケジュールを調整することになります。

もし、月の前半でこのままいくと100時間を超えそうな社員がいた場合、その社員を休ませたり、仕事を調整したりすることになります。

労働環境としては、悪くない環境になるということですが、正直これに困るのは、営業や私たちスタッフも同じ。

私は普段アシスタントと作業をするのですが、このアシスタント不足が顕著です。

アシスタントの残業時間が危なくなると、いなくなってしまうわけで、私の作業負担が格段に増えます。

そうすると、私の残業時間も危うくなるわけで・・・。

私は、売り上げベースの年俸制で働いているので、労働時間が減ると給料も下がります。

いくら残業しても給料はもらえないので(一部の残業は残業代が発生します)、売り上げが命です。

まぁと言っても、労働よりプライベートが大切だと思っている私には、悪くない変革なのですが。

 

とにかく日本人は働きすぎですよ!