読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

投資やら難やら 2nd

日々の生活・投資・育児に奮闘するパパブログ。

本人限定受取郵便が受け取れない状況に陥る・・・。

スポンサーリンク

f:id:toshinan:20160831183506j:plain

本人限定受取郵便

本人限定受取郵便というものがあります。

 クレジットカードの作成や、銀行口座・証券口座開設等で、よくお目にかかる郵便です。

事前に通知書なるものが届き、配送日や時間等の指定をするために郵便局に連絡します。

その際に、本人確認書類を伝える必要があり、運転免許証であれば、免許証の番号、生年月日を伝えます。

そして、指定の受け取り時に、免許証の提示をし、本人確認がとれたところで、書類の受け取りができます。

なかなか手間のかかる郵便ですが、安全面を重視した郵便システムです。

差出人もこれで本人確認をとる手段として利用している場合もあるので、セキュリティ面だけではなく、本人確認・住所確認を行える手段として利用している面もあります。

 

受取が困難

配達時間は8時から21時までで、大まかな時間指定もできます。

・午前 (8:00頃~12:00頃)

・午後1(12:00頃~14:00頃)

・午後2(14:00頃~17:00頃)

・夕方(17:00頃~19:00頃)

・夜間(19:00頃~21:00頃)

土日も配達してくれるので、通常受け取れないということはなさそうですね。

受取期間は10日間ほどあります。

それを過ぎると依頼主に戻ってしまうと思います。

 

最近もこの本人限定受取郵便を受け取らないといけない状況になったのですが、仕事で出張でもなく連日帰れない日が続き、受取期間当日までいっさい帰宅できないという事態に陥りました・・・。

会社に5連泊していました。

土日も仕事で、配達時間には家にいない・・・。

受取指定の連絡も手元に通知書がなくできず、期限前日に嫁に免許証のコピーを写メで送り、連絡してもらいました。

受取は本人でないとできませんが、受取日の指定は代理人でもできました。

逆に通知書を写メしてもらえば、私が連絡できたのですが、すったもんだしていたので頼みました。

そして、当日朝帰宅し、午前中指定していたので、何とか昼前に受け取り、そのまま出社・・・。

郵便局に直接とりにいくこともできますが、ちょっと遠くの郵便局なのであまり大差ないと思い配達にしました。

 

本人限定受取郵便、非常に有効な配達システムだと思いますが、もう少し受取期間に余裕がほしいなと思ってしまいました・・・。

そんな時期に本人限定受取が必要なことするなといえばそれまでです。

出張なら期間が分かりますが、連日徹夜で帰宅できずという状況では、どうにもなりません。

家族でも受け取れるようになればいいんですが、それじゃこのシステムの意味がないんですよね・・・。

みなさんも計画をもってもろもろ開設などしてください!

www.post.japanpost.jp