読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

投資やら難やら 2nd

日々の生活・投資・育児に奮闘するパパブログ。

スポンサーリンク

タクシーでクレジットカードが使えないという最悪の事態に陥った・・・。

f:id:toshinan:20170213165423j:plain

タクシー

仕事柄、タクシーで深夜帰宅することが多いです。

 職場との距離もあるため、深夜割増含め、1万円弱かかります。

もちろん、会社に請求できるので自腹ではないです。

自腹じゃこんな額払いたくないです!

会社に請求もできないときなのに、究極に疲れてどうしようもなく使ったりもしますが・・・。

 

クレジットカード

タクシー料金の支払いにはクレジットカードが当たり前に使えます。

費用は会社もちですから、クレジット払いにしてポイントをもらいつつ、後日料金は会社に請求するのが常とう手段です。

そんなに現金の持ち合わせはありませんし。

最近は、iD払いできるときはiD払いです!

 

アクシデント

ですが、この間乗ったタクシーでクレジットカードが使えないという危機的状況に陥りました・・・。

端末の故障で、クレジットも電子マネーも全て使えない、なおかつ領収書もでないという状況になりました。

最後の支払い時に判明しました。

先ほども言った通り、あまり現金も持たないのでまずい状況です・・・。

 

実際のところ、たまたまその時は、現金がありました。

しかし、タクシー運転手も気まずかったのでしょう。

端数部分はまけてくれました!

 

結構、長距離だとまけてくれることがあります。

道を間違えたとか、遠回りをしてしまったとか、そういった理由です。

こちらから何も言っていないのに、向こうから言ってくることがほとんどです。

だいたい最初にルートをしてするので、そんなことはあまりないのですが。

ルートを指定したのに、独断で違うルートを行って、なおかついつもより料金が高く時間もかかった場合、ちょっと物申すことがあります。

そういった時も、いつもの額くらいまでまけてくれます。

会社負担ならいいですが、自腹時は嫌ですからね・・・。

 

領収書は必要でしたが、今回領収書もでないということで、後日郵送しますとのこと。

仕方ないと、住所などを記入していると、ジジジジジジッとかなりの時間差で領収書が出てきました!

結局、クレジットカードのリーダー側は壊れたままで、クレジット払いはできませんでしたが、領収書はもらえました。

 

タクシーに乗るときは、クレジットカードや電子マネーに過信せず、現金も持っておいた方がいいという教訓になりました・・・。