読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

投資やら難やら 2nd

日々の生活・投資・育児に奮闘するパパブログ。

スポンサーリンク

小さいお子さんのクリスマスプレゼントに最適なおもちゃは!?MAGFORMERS(マグフォーマー)・MAGSPACE(マグスペース)!?

f:id:toshinan:20161107133739j:plain

マグスペース

 マグスペースというマグネットの玩具があります。

 知育玩具に分類されるブロックのようなマグネットの玩具です。

 デパートなどに行くとよく見かけます。

あまり、一般のお店にはないかもしれません。

デパートなどにボーネルンドというおもちゃ屋さんが入っていることがありますよね。

海外のおもちゃなどを多く取り扱っていて、日本のおもちゃにはあまりない傾向のおもちゃがあります。

それらのおもちゃがサンプルとして自由に遊べるようになっていて、こどもを連れて行ったが最後、なかなか帰れなくなります(笑)

私も以前ここへ行って、一目ぼれしてしまったのが、このマグネットのおもちゃでした。

ボーネルンドで売っているこのマグネットのおもちゃは、マグ・フォーマーという商品名です。

なかなか高級なおもちゃで、ある程度ピースのそろったものは1万円以上から2万円近くします。

特許がらみの商品らしく、一時期購入できなくなっていたようです。

 

頭を使う玩具

f:id:toshinan:20161107135243j:plain

結構頭を使います。

サイコロの展開図のように、まず平面で繋ぎ合わせて、持ち上げるとぱちぱちっと磁石でくっつき、立体の四角になるというようなこともできます。

立体の完成形を想像しながら、平面で組み合わせるというギミックを楽しめます。

それほどバリエーションはないかもしれませんが、考えて作って、実際にうまく立体になったときは、達成感があります!

こどもたちも自慢げです(笑)

普通のブロックよりも、各ピースの形が様々なので、できる立体も思った以上に面白いものができます!

ただ、この形のものが後1個ほしい!など、ピースが足りなくなることも多いです。

私がこどもの頃にあれば、はまっていたことは間違いないでしょう!

 

購入

数年前に、この玩具の存在を知ってずっとほしかったのですが、ちょっと高かったことと、ある時期から店舗でも見なくなっていたので、購入まで至りませんでした。

しかし、最近になって、Amazonなどネットショップで類似商品などが扱われるようになりました。

マグ・フォーマーが本当に本家かは分かりませんが、マグスペースなど、他にも割と安価な商品がでてくるようになりました。

マグスペースは、マグ・フォーマーと比べると、3、4割安いと思います。

今買わないと、このままこどもが大きくなって遊ばなくなるかなと思い、ずっとほしかったのもあって、数か月前に購入しました!

 地上車両セットです。

こどもが乗り物が好きなので、タイヤがついている商品を購入しました!

1万円ちょっとしましたが、こどもが3人いるので、みんなが遊ぶものとして購入しました。

3、4歳の子のために購入したのですが、今10か月の子もぱちぱちくっつけたり離したりして遊んでいます!

赤ちゃんが食べてしまうような小さなパーツもなく、角も丸くなっているので問題ないと思います。

なめまわしていますが、プラスチックですし別にいいかな(笑)

 

クリスマスプレゼント・お祝い

本当は、クリスマスプレゼントなんかでもよかったのですが、親が我慢できずに買ってしまいました!(笑)

86ピースと多めのものを購入したのですが、2、3人と遊ぶとなるとちょっと足りないくらいかもしれません。

ただ、別のセットなんかを購入すれば、拡張性もあるので、ばぁば、じぃじにおねだりすればいいんじゃないかな?(笑)

祖父母からの、誕生日プレゼントやお祝いにも最適じゃないでしょうか?

まぁ久しぶりにいい買い物をしたのではないかと思います!

 

友達の出産祝いなんかにもいいかなと思っています。

まだまだ、赤ちゃんには早いですが、出産祝いで赤ちゃん周りのものはいっぱいもらっているでしょうから、こういったものもありかなと?

ピースの少な目のものもありますから、金額もセーブできますし。

人にもお勧めしたい商品です!

 

偽物もある

そこそこ高級なおもちゃですから、偽物も出回っているようです。

手口としては、箱がつぶれてしまったので、箱なし説明書なしの、商品のみの訳あり品というような感じです。

訳あり商品なら、それほど在庫はないはずなのに、永遠と在庫があり販売し続けています。

特許絡みのある商品ですから、商品化には特許申請者に許諾と使用料を支払わなければならないはずで、商品化にはコストのかかるものです。

今商品化されているものは、きちんと手順を踏んだものだと思われますが、偽物は無許可の商品でしょう。

各ピースには、商品名が彫られており、これがないものは疑った方がいいかもしれません。

くれぐれも粗悪品にはご注意ください!