読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

投資やら難やら 2nd

日々の生活・投資・育児に奮闘するパパブログ。

スポンサーリンク

モバイルTカードってサービスがあったんですね?これでTカードを持ち歩かなくてもいい!?

お得情報 お得情報-ポイント

f:id:toshinan:20150607212810j:plain

モバイルTカード

私は、Yahoo! JAPANカードをTカードとして持ち歩いています。

 お財布はクレジットカードやキャッシュカード、ポイントカードでいつもいっぱいです・・・。

どうにかこれらのカードを減らせないものかと考えていますが、結局減らせずにいます・・・。

クレジットカードは徐々に退会していて多少減っていますが、使い分けなどをしているとどうしても減らせない部分がでてきます。

クレジットカードとキャッシュカードはもうこれ位以上減らせないとあきらめています。

 

ポイントカード

ポイントカードはまだ減らす余地ありと考えています。

飲食店や服飾店の独自のポイントカードはそもそもそれほどもっていません。

もっていても貯まらい場合が多く、無駄になることがほとんどだからです。

ですので、メジャーなポイントサービスにしぼって話をします。

今は大きく4つのポイントサービスがしのぎを削っていると思います。

・Tポイント

・Pontaポイント

・楽天ポイント

・dポイント

それぞれにポイントカードが存在しますよね。

全て集めているとするとカードを4枚持ち歩くことになります。

ポイント好きなら、当たり前のように持っていると思います。

最近では、WAONポイントカードもあるので、5枚持ち歩いている人も多いかもしれません。

いっぱいありますね・・・。

 

アプリ

今は、ほとんどのポイントサービスにスマホアプリが存在します。

アプリで確認できることは主にポイント残高だと思います。

その他に便利なの機能として、ポイントの提携先の確認もできることですかね。

あとは、アプリ自体がカードの代わりに会員証の役割をしてくれるものも多いです。

Pontaや楽天ポイント、dポイントのアプリはバーコードを表示させ、それを読み取ってもらうことで、カード代わりになります。

カードを持たずともスマホがポイントサービスの会員証になるのです。

これは便利だと思います。

特に、おサイフケータイで電子マネーを利用している人は、スマホだけもっていればポイントも貯めたり・使用したり、支払いまでできるということになります。

となれば、カードは持ち歩かなくてもいいということになります。

 

モバイルTカード

Tカードも似たサービスが以前からありました。

モバイルTカードというものです。

tsite.jp

T-POINTアプリの中にその機能が存在します。

しかし、これはバーコードを表示するタイプのものではなく、おサイフケータイ機能を利用するもので、端末にタッチすることで認証されます。

つまりこのサービスを利用するためには店側に専用の端末が必要になるということです。

数年前から存在するモバイルTカードですが、一向に提携先が増えていません。

ツタヤとカメラのキタムラの一部店舗のみで使えます。

対応店舗が少なすぎです・・・。

残念ながら、もう捨てられたサービスのようです。

せめてファミマが対応してくれれば、結構便利なサービスなのですが・・・。

 

ということで、Tカードを持ち歩かなくてもスマホで代用できるかというと、できないという結論になりました・・・。

やっぱり、あまりカード減らないですね・・・。