読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

投資やら難やら 2nd

日々の生活・投資・育児に奮闘するパパブログ。

スポンサーリンク

大和ネクスト銀行が振込手数料の改定をしていました・・・。ついに新生銀行も・・・。

お得情報 お得情報-ポイント 投資 投資-銀行・定期預金

f:id:toshinan:20160802115002p:plain

大和ネクスト銀行

大和ネクスト銀行は、定期預金などの金利がそこそこ高い銀行の一つです。

 本人名義の口座への振込なら、手数料無料のサービスもあり、ネットバンクとしては使いやすい銀行です。

他人名義の口座への振込も月3回までなら無料です。

しかし、例外もありました。

それは楽天銀行への振込です。

これは本人名義の口座でも他行名義と同じ扱いでした。

なぜなら、楽天銀行は他行からの振込入金でポイントの貯まる銀行だからです。

不定期で残高増加キャンペーンも行っています。

このようなキャンペーンも他行からの振込を促すものなので、振込手数料無料の銀行を使ってキャンペーンに参加する人も多いと思います。

このようなことがあると、ポイント狙いで、少額で何度も振り込みを行う人も多いのでしょう。

ですので、振込手数料無料サービスがあるような銀行から嫌われ、例外にさせられるのです・・・。

ただ、他行扱いになるだけですので、月3回までなら無料です。

 

新生銀行も例外に

f:id:toshinan:20160802115400j:plain

7月6日から新生銀行も楽天銀行と同じ扱いになりました。

新生銀行も、他行からの振込入金でTポイントが貯まるサービスがあります。

1回1万円以上の振込入金で、1回ごとに25ポイント貯まり、月最大100ポイント貯まります。

月4回まで振込入金でポイントの貯まる銀行になります。

さらに、楽天銀行と同じようなキャンペーンも行っています。

f:id:toshinan:20160802115034j:plain

残高アップでポイントがもらえます。

10万円ごとに1ポイントなので、最大の1000ポイントもらうには1億円の残高増加が必要です(笑)

Tポイントがザクザク貯まる銀行ですね!

銀行にとっては資金を集めるための効果的なキャンペーンなのですが、他行にとっては迷惑なキャンペーンです。

 

ということで、楽天銀行と新生銀行は大和ネクスト銀行からは毎月3回まで振込手数料無料で振込める銀行となります。