読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

投資やら難やら 2nd

日々の生活・投資・育児に奮闘するパパブログ。

スポンサーリンク

フラット35の金利がついに1%を割る!0.93%!!

家計管理 家計管理-住宅ローン

f:id:toshinan:20160125151348j:plain

住宅ローン

何と今月1%の大台を割るという波乱!

 今月の金利は、史上最安値を更新です!

1%を割り込み、0.93%という超低金利です!

マイナス金利の影響だけではなく、イギリスのEU離脱決定の影響もあるのでしょうか?

 

6月の金利は、5月の金利をわずかに上回る状況でしたが、今月は大きく、0.17%も下がりました・・・。

こんなにも大幅に1%を下回るとは思っていませんでした!


 5月

5月に三菱東京UFJ銀行で、住宅ローンの借り換えの相談をしてきました。

UFJ銀行は、メガバンクや一般の銀行の中では、ダントツに低金利を提示している銀行です!

結果、個人的にはあまり魅力的ではなかったので、借り換えは見送りました。

しかし、今月のこの金利です。

また、ちょっと少しでもお得にしたいという気持ちがぶり返してきました(笑)

 

シミュレーション

私は、フラット35で住宅ローンを組んでいます。

金利は1.47%で、返済期間は後30年です。

さっそく、今借りている金融業者に借り換えのシミュレーションをしてもらうことにしました。

まだ、7月は始まったばかりですが、実際に契約までこぎつけるには日数がかかります。

頑張っても、契約は8月になってしまうでしょう。

8月はまた金利が変わっているので、上がるのか下がるのか分かりません。

とりあえず、今月の金利でのシミュレーションです。

 現在借りている業者に見積もりを頼むのは、本来おかしなことですが、実際に私は、同じ会社での借り換えをしています。

いくら同業者といえども、新契約になるので、もろもろ手数料はかかります。

他の業者で借り換えるのとなんら変わりません。

 

事務手数料

フラット35の場合、ネックは事務手数料です。

この手数料が安い業者を選ぶのが得策です。

その他の諸費用はそれほど差が出ないので、この事務手数料が大きな差になってきます。

事務手数料が安いのは、例えば、以下の金融業者です。

【フラット35】業界最低水準の手数料は優良住宅ローン

楽天銀行のフラット35

 

残念ながら、私が借りている業者は、これらの業者ではありません。

ただ話が早いので、とりあえず今借りている業者に問い合わせてみました。

フラット35は、全期間固定のローンなので、シミュレーションは簡単です。

自分でも簡単にできます。

上記の業者でもシミュレーションできますので、是非試算してみてください。

 

とりあえず、業者のシミュレーション結果を待ちます!

焦っても、今月の契約は厳しいそうですからね!