読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

投資やら難やら 2nd

日々の生活・投資・育児に奮闘するパパブログ。

スポンサーリンク

ワンルームマンション(不動産)投資の罠・・・。しかし、もれなくQUOカードがもらえるようなので、資料請求してみました!

f:id:toshinan:20160411165001j:plain

DM

楽天銀行からDMが届きました。

センチュリー21レイシャスの宣伝DMです。

内容は、ワンルームマンション投資です。

不動産投資の中でもワンルームマンションは、サラリーマンでも手が出やすい投資として、人気があるようです。

 

キャンペーンの内容

キャンペーンの内容としては、資料請求をした人に以下の特典があるというものです。

特典1:楽天スーパーポイント200ポイント

特典2:マネジメントガイド

特典3:QUOカード500円分進呈

特典1・3が資料請求だけでもらえるので、700円無料でもらえるということですね!

届いたDMについているハガキを送ればいいだけなので、それほど手間はかかりません。

おそらくこの後、電話連絡などあると思いますが、スルーすればいいですよね!

ポイントとQUOカードだけもらっちゃいましょう!

くれるっていうんだからいいんですよ(笑)

 

不動産投資のリスク

ワンルームマンションの投資は、新築や中古のマンションを購入し、ローンを家賃で返しながら、後々ローンの返済が終われば、家賃がそのまま収入になるという投資です。

マンション一部屋のオーナーになるということですね。

不動産投資は、素人には非常に難しいものだと思います。

不動産投資の一番のリスクは賃貸が付かないということだと思います。

空室になってしまったら、ローンや固定資産税が返せなくなってしまいますからね。

都心のマンションなら比較的安全とされていますが、今は都心のマンションでも空室が目立つ状況になってきています。

少子化も問題ですし、住宅は飽和状態で、おそらく今後もっと空室がでてくると思われます。

ワンルームマンション投資はその名のとおり、一人暮らし用のマンションに投資することです。

ファミリー向けのマンションはやはり金額も高く、借りる人も限られているので、リスクが高めです。

なのでワンルームマンション投資の借りる人は、独身サラリーマンや学生です。

こどもを都心の大学にやるお金もないという、親世代が増えています。

都心に来る学生も減っている状況です。

都心だからといって、安全性が高いとは言えないと思います。

 

マンションを作ったが、買い手が付かない・・・。

投資に興味のあるサラリーマンに売ってはどうだろう?

あるあるだと思います。

 

住宅ローンは審査がありますから、会社員のほうが有利なわけです。

しかも、素人に売るわけですから、話術次第で言いくるめられるわけです。

私のような素人にもDMを送ってくるのですから、ターゲットは断然素人のほうがいいのです。

不動産投資のプロがこんなDMみても何とも思わないでしょう。

物件次第ですから。

 

不動産投資のメリットは信用できない

セールスレターとして、よく言われていることがあります。

 

・私的年金としての価値

ローンの返済が済めば、家賃が丸々収入です。

とは言えません。

固定資産税はありますし、修繕積立などもあります。

消耗品の交換や、建物の修繕費もあります。

運営を管理会社に委託するのであれば、その費用もあります。

修繕費は年々上がる傾向がありますし、積み立てでは足りなくなるようなことも考えられます。

突然、予期しないお金が必要になることもあるかもしれません。

 

・税務所の節税効果

投資用の不動産を持つと、サラリーマンでも、それらに関連するお金を経費として計上できたり、建物の減価償却など、節税効果があります。

しかし、不動産を節税効果があるとして購入している人たちは、かなりの高額所得者であろうと思われます。

税金とられるなら、不動産にしてしまおうというお金持ちの発想です。

サラリーマンの平均年収程度の年収ではそれほど効果があるとは思えません。

ふるさと納税していたほうがましです!

 

・生命保険機能

団信に加入しますから、契約者が亡くなれば、ローンはチャラになります。

そのまま遺族に家賃収入を残せるということになりますが、賃貸が付いていない部屋をもらっても、負の遺産になる可能性があります。

維持費だけがかかる状態になる可能性も十分に考えられます。

 

・安定した資産運用

さきほど述べたように、賃貸が付かないと意味がないので、賃貸が常についている状況でないと安定しているとは言えないと思います。

家賃保証とかよく聞きますよね?

これは空室時の家賃を保証してくれるものですが、満額ではありません。

また、保険に入っているような物なので、管理費が高くなります。

さらに、この制度は永年保証してくれるものではありません。

年々古くなっていくマンションですから、家賃も下げていくことになるでしょうし、家賃保証の金額も下がっていくことが考えられます。

また、突然家賃保証を打ち切られる可能性もあります・・・。

致命的です・・・。

 

ワンルームマンション投資は、基本的に複数の物件を持って、収支を上げていこうというスタイルです。

一部屋だけでは、あまり利益にならないようです。

ある物件がプラス収支になったら、次の物件を購入し、どんどん収益を増やしていく。

そんな感じです。

一番いいのは、ローンではなくキャッシュで購入することです。

そんな資金どこにありますか?

失敗したら、ローンだけ残るという悲惨な状況になります・・・。

 

さぁ営業の電話を待ちましょう!