読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

投資やら難やら 2nd

日々の生活・投資・育児に奮闘するパパブログ。

スポンサーリンク

住信SBIネット銀行からデビットカードが届いた!2017年3月までは発行手数料無料!!でも、楽天銀行のデビットカードの方が断然お得ですが・・・。

投資 投資-銀行・定期預金

f:id:toshinan:20160225112629j:plain

 

住信SBIネット銀行

今まで、認証番号表が裏面に記載されたキャッシュカードを利用していました。

そして、新しくデビットカードが誕生しました。

2017年3月までは、発行手数料が無料ということで、とりあえず発行することにしました!

今後はこのキャッシュカードがデフォルトになるんですね。

で、無事に到着しました!

認証番号表とキャッシュカードはこれで別々になりました。

一緒になっているカードはSBI銀行で初めて見たので、別々の方が普通のような気がします。

 なにやらカードがまた増えてしまいました・・・。

 古いキャッシュカードは必要なくなりました。

この認証番号表もスマート認証というスマホアプリを使った認証方法を利用すれば、持ち歩く必要はありません。

最初の登録時に、認証番号表は必要ですが、一度登録してしまえば、後はスマホでらくらくです。

嫁の口座は設定していませんが、私の口座では設定しています。

 

スマートプログラム

スマートプログラムも始まって、このデビットカードの利用でポイントが付きます。

還元率は0.3%とあまりよくないので、利用する気にはなりません。

が、発行手数料無料ということで普通のキャッシュカードから、切り替えてしまいました。

f:id:toshinan:20160223154308p:plain

今なら、このデビットカードの利用で500ポイントもらえるようです。

1000ポイント以上貯まると、1ポイント=1円で、現金にキャッシュバックできるようになります。

が、換金までの500ポイントをデビットカードのみで貯めようとすると、166700円以上利用する必要があります。

中々長い道のりです・・・。

私は、このキャンペーンには参加しない予定です。

 

デビットカードとジェイデビットカード

最近では、多くの銀行がデビットカードを取り扱っていますが、どれくらいの需要があるのでしょうか?

口座から直接引き落とされるので、お金の管理としては分かりやすいのでしょう。

また、クレジットカードのような審査はないので、口座さえあれば誰でも持てる感じです。

というか、大概の銀行のキャッシュカードがすでにデビットカードです。

VISAなどのブランドが付いていないだけです。

j-Debit(ジェイデビット)といいます。

知ってました?

デビットカード=キャッシュカード J-Debit 日本デビットカード推進協議会

特にキャッシュカードにも記載されていませんが、デビットカードの機能があるのです!

加盟店が少ないので、あまり、利用する機会はないかも知れません。

 ポイントも付かないので、口座から下ろさずに口座のお金を使えるというだけで、あまりメリットはないかもしれません。

 

私も旅行代理店で一度だけ使ったことがあるくらいです・・・。

 

一方、VISAブランド付きのデビットカードは、VISA加盟店であればどこでも使えるわけですよね!

単純に分かりやすいですし、このように0.3%など還元率は低いですがポイントが付くのでお得ですね!

 

還元率の高いデビットカード

還元率の高いデビットカードとして最近誕生したのが、楽天銀行のデビッドカードです。

f:id:toshinan:20160225110420j:plain

もともとVISAブランドのデビットカードがありましたが、JCBブランドがでました!

f:id:toshinan:20160225110816p:plain

VISAは年会費がかかるうえに、還元率も普通です。

JCBは年会費永年無料でさらに還元率1%ですから、かなりお得です!

楽天カードの還元率と同じです!

 

クレジットカードの還元率は、0.5%が主流だと思います。

ですから、並みのクレジットカードを上回る機能です!

 

と還元率で探すと、還元率の高いデビットカードも存在するので、意外と侮れない存在です!

しかし、私はクレジットカードを今のところ作れますし、使えるので、とくにデビットカードを使いたいとは思いません。

ただデビットカードという手段もあるということを知っておいて損はないと思います!