読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

投資やら難やら 2nd

日々の生活・投資・育児に奮闘するパパブログ。

スポンサーリンク

住宅ローン、フラット35の金利が2016年2月1.48%と最低金利に接近中!!安すぎじゃない!?今がチャンス!?

家計管理 家計管理-住宅ローン

f:id:toshinan:20150713175446j:plain

 住宅ローン

私は去年住宅ローンの借り換えしています。

フラット35からフラット35への借り換えです。

一見、メリットなさそうですが、金利が1%近く下がったのです。

 

金利の推移

ちなみに私が借り換えた時の金利が、1.47%だったので、今月とほぼ一緒ですね。

f:id:toshinan:20160209214356g:plain

楽天銀行のグラフを拝借しますが、基本どこの銀行も同じ金利なので参考になります。

フラット35ですので、赤丸のラインですね。

2015年3月借り換えでしたので、1.47%と書いてありますよね。

その一か月前の2月が最低金利の1.37%です!

惜しかった、間に合いませんでした・・・。

そして、今月が1.48%となっています。

その間1.61%まで上がっていますが、またここまで下がってきています。

これもマイナス金利の影響でしょうか?

 

来月は、ここからさらに下がる可能性があります。

フラット35の金利は国債に連動していますから、国債の利回りが下がれば、金利も下がります。

逆に国債の利回りが上がれば、金利も上がります。

今、国債の利回りはほぼ0%・・・。

0%というか、マイナスまで行っています・・・。

マイナス!?

いったいどういう状態でしょうか・・・。

まぁもうどうしようもない状態ということですね!(汗)

 

マイナス金利の影響が出始めるのはこれからですから、今後ますます金利が下がる可能性もあります。

ただ、下がるにしても限度がありますよね。

1%を切るようなこともあるのでしょうか?

それはもう異常事態ですけどね!

 

住宅ローンを検討されている方は、今後の金利推移は要チェックです!

 

融資手数料

フラット35の金利はだいたいどこも同じです。

今月だと1.48%が最低金利ですが、それ以上の金利を提示しているところは、まぁ誰も借りたくないですよね。

最低金利を提示しているところが普通なので、金利差はあまり考えなくてもいいかも知れません。

金利差に違いがないとすると、比較するべきは融資事務手数料だと思います。

融資事務手数料の違いが総支払額の違いになってくると思います。

だいたいどこも融資額×数%だと思います。

この数%の違いで、安いところを探せばいいのです。

で、行き当たるのは、どこか?

 

楽天銀行

楽天銀行住宅ローン【フラット35】

楽天銀行です。

ここが、融資事務手数料が安いんですよね。

新規の場合、1.08%です!

借り換えの場合は、0.756%です!

安いです。

ただし、引き落とし口座を楽天銀行にする必要があります。

楽天銀行以外の銀行口座を利用する場合は、1.404%となります。

楽天銀行を引き落とし口座にする必要がありますが、それほどハードルは高くないですよね。

楽天銀行の口座が必須ということですね。

 

優良住宅ローン

でも、もっと安いところがありました!

【フラット35】業界最低水準の手数料は優良住宅ローン

ここは、圧巻の融資事務手数料です!

なんと0.55%!

なんで?

ね!ね?なんで!?

安すぎないいですか?

私も、ここを知っていればよかったです・・・。

 

0.5%になるには、住宅性能評価物件である必要がありますが、その他の物件でも0.8%と格安です!

借り換えだと、0.55%(住宅性能評価物件)か0.66%(その他の物件)です。 

 

う~ん、ここまで安い手数料で行っている会社があるとは!

 

どうなる金利

住宅ローンの金利は、変動では、0.5%台もでてきました。

変動でも固定でも残りの返済期間が短く、金利の高い時のローンの方は、借り換えたほうが安くなることも多いと思います。

今後、金利が上がるリスクはありますが、残りの返済期間が短ければリスクは低いでしょう。

また、返済期間が長く変動金利の方は、金利が安い今のうちに固定金利の住宅ローンに切り替えるチャンスかもしれません。

私は、まだまだ30年もローンが残っているので、固定を選んでいます。

固定だと、返済額がずっと一定なので、プランも立て易いですしね!

 

この低金利時代、これから日本はどうなるんですかね・・・。

 

関連記事