読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

投資やら難やら 2nd

日々の生活・投資・育児に奮闘するパパブログ。

固定資産税の口座振替(自動振込)をやめた・・・。これからはnanaco払いにします!

スポンサーリンク

f:id:toshinan:20150801095417j:plain

固定資産税

4年ほど前に自宅マンションを購入してから、固定資産税を払っています。

年間10万円近く支払っています。

口座振替を利用していて、年に4回の引き落としが自動的に行われています。

 

口座振替に利用できる銀行は、メジャーな銀行に限られていました。

しかし、今私がメインに利用している銀行は、イオン銀行なのですが、この銀行には対応しておらず、仕方なく以前使っていた三井住友銀行を振替口座に設定しました。

そうなると、普段使っていない銀行の残高も気にする必要があり、若干面倒な部分もありました。

 

口座振替をやめる

そして、今回、口座振替をやめることにしました。

口座振替をやめるとはどういうことかというと、納付書での支払いになるということです。

口座振替の停止手続きは、役所で行いました。

先日、役所に行く機会があったので、ついでに口座振替廃止の手続きを済ませ、2月分の支払いの納付書ももらいました。

年4回の支払いですから、毎月ではありませんし、納付書での支払いもそれほど手間ではありません。

コンビニでできますし。

 

nanaco払いでお得になる!

なによりも、セブンイレブンであれば、nanacoで支払えるということがメリットです!

さっそく、nanacoにクレジットカードからチャージし、2月分の支払いをしてきました!

nanacoで税金などの支払いをしてもnanacoポイントは貯まりません。

じゃ何がお得なのかというと、nanacoチャージの時にクレジットカードでチャージすることによって、クレジットカードのポイントが得られるということがお得なのです!

口座振替では、得られないポイントです。

固定資産税は、まとまった高額な支払いですから、クレジットカードチャージで得られるポイントも侮れません!

例えば、1%還元のカードで、年間10万円の支払いがあるとすると、1000ポイント得られるわけです!

ただし、全てのクレジットカードがnanacoチャージ時にポイントが加算されるわけではありません。

電子マネーのチャージでカードのポイントが得られるクレジットカードは、限られています。

有名なところでいうと、楽天カード(JCB)、ワイジェイカード(JCB)、リクルートカードです。

楽天カードワイジェイカードは、還元率1%のカードなので、1%分のポイントが貯まります。

ただし、JCBブランドのみnanacoチャージでポイントが加算されるようになっていて、他のVISAなどでは、ポイントが得られないので注意が必要です。

リクルートカードは、還元率1.2%で、ブランドに関係なくポイントは加算されます。

3つの中では、一番還元率が高いです!

こう見ると、これらのカードで得られるポイントは、楽天ポイント、Tポイント、Pontaポイントと3強ポイントとなっていて、面白いですね!

 

還元率1.2%、1%とカードで多少差はありますが、自分が貯めているポイントのカードをnanacoチャージに利用するといいかも知れません!

その方が効率的です。

 

ちなみに、私はリクルートカードを使っています。

Pontaポイントを貯めている感じですが、それほどPontaポイントを利用できていないので、還元率に惑わされた、悪い例かも知れません(笑)

これからは、固定資産税の支払いはnanaoで払います!

 

関連記事