読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

投資やら難やら 2nd

日々の生活・投資・育児に奮闘するパパブログ。

スポンサーリンク

久しぶり!SBI証券の第33回SBI債発行!!年率1.42%!!

投資 投資-債券

f:id:toshinan:20160114115220g:plain

SBI債

SBI証券から久しぶりの発行です!

大人気のSBI債!

募集期間は、1/13(水)12:00~1/15(金)15:00です。

最終日、15時までなのでご注意ください!

 

前回が、2015年の4月なので、1年たたずに発行になりました!

年率は、1.42%!

期間は、約1年と、少額の10万円から10万円単位での買付けになります!

 

高金利だが、リスクあり

年率1%以上と、非常に高金利でなおかつ短期間の債券なので、人気の高い商品です。

年率1%以上の社債等は多く存在しますが、償還まで5年、10年は普通ですからね。

その点、1年で償還という短期の債券なので、比較的低リスクです。

そういった面からも、定期預金とよく比較されます。

が、定期預金ではないので、元本保証のないリスクのある金融商品になります。

リスクについて、SBI証券から引用します。

債券投資のリスクについて

  • 本債券への投資には、一定のリスクが伴います。本債券への投資を検討される方は、本債券のリスクをご理解の上、お申込みください。

[流動性リスク]

円金利市場及び発行会社の信用状況の変動等、数多くの要因により、満期償還日前に本債券を売却することにより大幅な損失を被る可能性があります。従いまして、満期償還日まで本債券を保有する意図で、お申込みいただくことをお勧めします。

[信用リスク]

発行会社の信用格付、財務状況若しくは業績が実際に変化した場合又はその変化が予想される場合に影響を受けることがあります。また、本債券の償還の確実性は、発行会社の信用力に依拠しており、発行会社の信用状況が損なわれた場合、損失が生じる可能性があります。

[金利、価格変動リスク]

円金利が下落すると本債券の価格が上昇し、円金利が上昇すると本債券の価格が下落する傾向があると予想されます。また、一般に発行会社の格上げが行われると本債券の価格は上昇し、格下げが行われると本債券の価格は下落すると予想されます。

流動性リスク・信用リスク・金利、価格変動リスクと多くのリスクがあります。

そうとはいえ、償還まで1年ですから、その間にSBIが倒産したりしなければ、何ら問題なということです。

満期まで持てば、元本と利息がついて戻ってきます。

 

絶対安全とはもちろん言えませんが、今回で第33回目ですし、人気の理由はやはり、期間と年率ですね!

 

格付け

債券には、格付けがあります。

その格付けがその債権の信用度になるわけです。

格付け会社が存在し、その格付けをもとに投資家が投資するわけですね。

SBI債の格付けは、BBBです。

f:id:toshinan:20160114134707g:plain

BBB以上が、投資適格格付けとなり、BB以下が投機的格付けとなります。

SBI債の信用度としては、投資適格となっているわけですね!

 

とごたごた言っていますが、一般に人気があるということはそれだけ安全視されているということです。

 

抽選

昔は抽選ではなかったと思いますが、あまりにも人気がでたので、最近では、抽選になっています。

今回、私も応募してみました!

まとまった資金がないので、10万円と最低額です・・・。

まぁ最近ははずれてばっかりなので、ダメもとで!

皆さんもご健闘あれ!

SBI証券へ急げ!