読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

投資やら難やら 2nd

日々の生活・投資・育児に奮闘するパパブログ。

スポンサーリンク

おさいふPonta(ポンタ)の残金で、Amazonギフト券を購入!!これがAmazonで使うメリットだ!!

f:id:toshinan:20151107093235j:plain

おさいふPonta

個人的にほとんどメリットを感じなかった、おさいふPontaカード。

新しさとキャンペーン狙い、またネタとして利用していましたが、ついに別れの時が来ました・・・。

 前回の記事にあるように、チャージ残額を利用しきったら、もう使わないことにしようと思っていました。

 

現金との併用不可

おさいふPontaは現金との併用が不可なので、余った残額をぴったり使い切るのは至難の業です・・・。

非常に面倒な仕様になっています・・・。

このままチャージ利用を続けていくならば、またチャージしていけばいいだけなので、特に残額を使い切るということは考える必要はないですが、利用をやめたい際には、困ったことになります・・・。

 

残高をきれいに使い切る方法!

おさいふPontaは、JCBブランドのプリペイド機能付きカードです。

クレジットカードに近い機能を持っています。

JCB加盟店で利用できるのです。

ということは、オンラインショップでも利用できるということです。

 

すごく簡単な方法としては、Amazonギフト券を買ってしまうというものです!

Amazonギフト券は、15円以上~50万円までの金額、1円単位で購入することができます。

ですので、残高ぴったりの金額で購入できるのです!

さすがに15円以下は購入できないので、そこはおさいふPonta利用時に、ちょっと気にして調整してください。

Amazonギフト券 チャージタイプだと、直接自分のアカウントにチャージされる形になるので、楽ちんです。

Eメールタイプ、印刷タイプなどでも、同じように購入できますが、購入後にアカウントに登録するひと手間があるので、チャージタイプが簡単だと思います。

f:id:toshinan:20151224000304p:plain

これで私も、残高全ての705円をAmazonギフト券に交換しました!

 

Amazonアカウントへの登録方法

Amazonのアカウントへ、おさいふPontaの登録させる方法はとても簡単です。

アカウントサービスメニューのクレジットカードの追加から、

・クレジットカードの種類

・クレジットカード番号

・クレジットカード名義人

・有効期限

を入力するだけです。

普通のクレジットカードの登録と同じです。

クレジットカード扱いということですね。

ただし、ちゃんと利用金額以上にチャージされていないとだめですよ!

 

この方法で、さっさと残高をなくし、おさいふPontaとはおさらばです!

というのも、私は別にJMBローソンPontaカードというクレジットカードを持っているので、今まで通りそちらでポイントを貯めていくということです。

ポイントカードとして使うのであれば、新しいおさいふPontaで何も問題ないと思います!

ただ、この間におさいふPontaのほうにちょっとたまったポイントは、どっかで利用しないといけませんね!

 

Pontaポイントをまとめる

複数枚のPontaカードのポイントを1枚にまとめたい場合、サポートに電話すればできるようです。

また、1枚にまとめるのではなく、グループ化するという方法で、ポイントをまとめる方法もあるようです。

複数枚のPontaカードは残したまま、貯まるポイントだけ共通化する方法です。

家族で、Pontaカードを持ち歩いて、そのポイントをまとめて貯めたい場合などに有効そうですね!

私はまだやったことはないのですが。

 

ですので、今回お蔵入りするおさいふPontaも、JMBローソンPontaとグループ化しておいて、とりあえず保管しておいてもいいかもしれないですね!

日の目を見る日が来るのかは分かりませんが(笑)

 

関連記事